一人親方の繁盛記
ぱんどメイド代表服部真吾のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

たまには仕事の話を・・・

ひまわりの話がなぜか多いような気がするので・・・、たまにはお仕事のお話を・・・。

昨日あったお客様からの電話。

「電源を入れると"hal.dll"が壊れているか存在しないためwindowsを起動できない、と表示されてPCを起動できない。(要約)」

そのお客様はサーバの保守契約をしていただいているお客様で、1週間前にお伺いしてPCのハードディスクの容量がほとんど残ってないんです、なんて話をしていたところ。
1年半ほど前にワークステーション(パワフルなPC?)を組み立てさせていただいたこともあり、また1台ワークステーションを組もうか、なんてお話をしていたところでした。
CADで図面をかなり細かいところまで作成されることの多い仕事柄、「普通の」PCでは頻繁に固まってしまうんです。
ですから、昨年組んだワークステーションも、Xeonプロセッサを2個(デュアルプロセッサ、なんていいます)搭載し、メモリは2GB、10数万円するグラフィックカード、SCSIのハードディスクを2台、というとっても贅沢なコンピュータでした。
その甲斐もあり、図面作成はかなり快適にできるようになった模様。
PCの故障を機に、ワークステーションをもう1台増やそう、というお話です。

早速見積もりを作成したんですが・・・、やっぱりいろいろなものが安くなってますね~。
確か昨年は70万円以上パーツ代だけでかかっていたはずなんですが、今回見積を出してみると50数万円に。
いや、パソコン1台と思うともちろんとても高価なんですが、昨年に比べると20万円以上安くなっているんです。
もちろん無理に妥協して安価なパーツを使っているわけでなく、十分なスペックで、昨年のものよりも能力はかなり上回っているはずです。
お客様に提示すると、即答でOKを頂きました。
しかし、一つだけ要望が・・・。
それが、「水冷システム」の導入。

パソコンを構成する部品は電気で動作しているので、基本的に発熱します。
特に発熱量の多いCPUやマザーボード上のチップセット、グラフィックカードのチップセット(GPU)などは、ファン(簡単に言えば「扇風機?」)を「くっつけ」て、強制的に熱を逃がしてやっているんです。
最近のパーツは熱対策がされていて、ファンがいらない(ファンレス)ようなものもたくさんあります。
しかしながら、ある程度のスペックになるとやっぱりファンが必要なんですね。
そうなると、ファンの音が結構すごい。
確かに昨年納品したワークステーションはかなりの「騒音」で、それでも「性能重視だから仕方ないね」なんていってました。
そこで登場したのが「水冷式」。
自動車に搭載されているラジエーターと同じように、コンピュータの内部にチューブを配線し、そこに冷却水を循環させて各パーツを冷やすんです。

確かにそんなものがあることは認識していました。
でもこれまではなんとなく「マニアのためのもの」、というイメージがあり敬遠していたんですね。
でもお客様から要望があったからにはそんなわけにはいきません。
気分を入れ替えて水冷式の冷却システムについて調べていくと・・・、結構ややこしい!!
CPU1個なら、キットで販売されているものをそのままつければいいんですが、CPU2個なので、両方のCPUを冷やすように作らなければなりません。
ドイツのメーカーが多いようで、ホームページを見てもドイツ語、ドイツ語、ドイツ語!
フランス語専攻の私にはわかりません!!
(フランス語もまったくわかりませんが・・・。)
苦労しながらもなんとか仕組みは理解し、大体の構成はできました。
このワークステーション、作る様子をこのブログでレポートしようかな、って思ってます。
前から一度やってみようと思ってたんだけど、なかなかできなかったんですよね~。
もしかして興味のある方は、乞うご期待。

ちなみに、最初の方で出てきたhal.dllのエラー。
これは、ほとんどの場合がboot.iniファイルの記述がおかしいときに起こるようです。
(参考)winFAQ
起動時に ntoskrnl.exe や hal.dll が見つからないと言われます

早速エラーが起きているマシンをwinXPのCD-ROMから起動して回復コンソールを立ち上げ、調べようと思ったら・・・、固まってます。
その最中にも「ガリガリ」といや~な音を立てているコンピュータを見ると、おそらくハードディスクがご臨終なのでしょう。
このお客様は今年の始めごろファイルサーバを入れさせていただいているので、重要なデータはすべてサーバ上でこのコンピュータには入っていない、とのこと。
安心してハードディスクを交換し、再セットアップしてお返しし、ワークステーションが出来上がったらまた別の方がこのPCを使われます。
ハードディスクだけはずいぶん前から使っているものですが、それ以外のパーツはほとんど交換して今でも十分使えるレベル。
少なくとも私のメインマシンよりはハイスペックなんです!
大切にしてあげてくださいね。
たまには仕事の話も・・・いいかなぁ??
スポンサーサイト

コメント

水冷ですか!?そりゃまた強力なマシンですねぇ。未だお目にかかったことが無い。持ち主がウラヤマシイですね。マシンがサクサク快適に動作すると使っていてストレスないですからそれが一番。それにしてもpandmadeさんの獅子奮迅の活躍ぶり思わずにこっとしてしまいます。
【2005/06/22 01:02】 URL | iwa #-[ 編集]
iwa 様
コメントありがとうございます。
あれこれいろいろ調べてみたんですが、Socket604デュアルに対応できる水冷システムって意外とないんですよね・・・。
お客様と検討の結果、とりあえず今回は見送ろう、ということになりました。
ケースを大きいもの(ミドル→フルタワー)にします。
もう少ししたらいろいろなメーカーから水冷システムも安く販売されるんでしょうね。
【2005/06/22 18:48】 URL | pandmade #XR89f2e.[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

服部真吾
  • Author:服部真吾
  • 名古屋で懸命に事業を大きくしようとしている一人親方の繁盛記。


  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • まいまい(04/07)
  • iwa(04/07)
  • name-san(04/06)
  • pandmade(04/05)
  • shinki(04/03)
  • pandmade(04/03)
  • まいまい(04/03)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。