一人親方の繁盛記
ぱんどメイド代表服部真吾のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

できない理由を考える前に

時間があいてしまいましたが・・・、まずは荒川静香さん、金メダルおめでとうございます。
まったくフィギュアスケートに興味のない私ですが、銀盤を舞うあなたの姿には感動を覚えました。
自信のみなぎる堂々とした姿、体全体から発しているオーラは、間違いなく世界で一番だと思います。
いつの間にかとてもレベルが高くなっている女子フィギュアスケートのレベルは、今回の金メダルに勇気付けられてますます高くなっていくことでしょう。
次のオリンピックは、地元の安藤美樹選手にもがんばってほしいですね。
あ、4回転のチャレンジ、素晴らしかったと思います。
「私が何をするためにここまで来たかわかってるの!?」と言わんばかりのジャンプでした。
失敗とか成功とかは、まぁいいんです。
あのプレッシャーの中で敢行した彼女に最大級の賛辞を送りたいと思います。
ま、今さらなのでオリンピックネタはこれくらいで・・・。

最近は日中の通常業務と夜間の新規事業の企画、準備でちょっと忙しくしていたりしました。
そんな中で出会った座右の銘を。
今回の出所は、中国の古典でも聖書でもありません。
現代の経営者です。

『できない理由を考える前に、できる方法を考えてくれ』
(リコー創業者:市村清氏)

新たなビジネスを考え、いろいろと思いをはせるのは私の趣味のようになりつつあります。
でも、実際に「これだ!」と推進していけるほどのモチベーションを満たすことができるものはありませんでした。

新たな道を進もうとするとき、やはりそのネガティブな側面に目を向けがちです。
「石橋をたたいて渡る」といえば聞こえはいいのかもしれませんが、どちらかというと「石橋をたたいて壊す」という感じもあり、自分のアイデアを自分で壊してしまう、ということも多々ありました。
石橋を壊さずに向こう岸へ行く方法を考えていなかったんですね。

別の本で、
「現在成功しているラーメン屋さんはたくさんあるが、その何割の人が綿密な事業計画を立てていたのか」
というようなことを読んだ記憶があります。
もちろんラーメン屋さんに限らず、自分の技術やアイデアをまずは自分がとことん信じて、そしてその成功だけを考えてまっすぐに進んでいく。
問題が発生したら、どうやったらその問題を乗り越えられるか、ということに集中する。
そうやって成功を収めてきた経営者も少なくないはず。

頭のよい人から見れば、無駄が多く決してクレバーなやり方とはいえないかもしれません。
でも、そうやって自己暗示をかけながら進んでいかないといけない時ってあると思うんです。

「チャンスに後ろ髪はない」(通り過ぎてしまったら捕まえられないよ!)
「It's better to regret doing something than to regret not doing it.」(やらずに後悔するよりやって後悔した方がいい)

そんな言葉を頼りに、またこんな私を信じ、支えてくれる人たちとともに、ガンガン進んでいきたいと思います。

孔子は言いました。
「吾十有五而志于学、三十而立。」
(吾十有五にして学に志し、三十にして立つ。:論語 為政第二)

30歳という節目の年齢だし、ここでちゃんと自立をするのもよいかな、と。
今日はそんな決意をした日でした。
スポンサーサイト

順調

現在進行中のあれやこれや。
日中時間を拘束される仕事をしている毎日なので、いろんな企画やら資料作りやらはもっぱら夜の仕事。
でも結構順調。
睡眠時間はどんどん削られていくけど・・・。
3月のサービスインに向けて、がんばってます。
内容は後日・・・。

忙しくしてます

またまた日が開いてしまいました。
皆様いかがお過ごしですか?
今日はすごい雨でしたね。
雨の日ってやっぱり気持ちが浮かないもんですね~。

このところ日中は肉体労働(に近いようなこと)、そして夜から朝方まで無い知恵を振り絞って働いてます。
この生活、どうやら今月末まで続きそう。
とってもありがたいんですが、こうなるとちょっと休みもほしくなったりしています。
でも、まだまだ楽しい毎日ですから、もう少しくらいはがんばれそう。

うだうだと書くいつものスタイルのブログは、もうしばらくお預けです。

でわでわ。

明日が楽しみ

明日は久しぶりに私の大好きなお仲間に仕事でお会いします。
積もる話もあることだし、とっても楽しみ。
仕事上とはいえ、やはり人と人とのお付き合い。
気の合う仲間と会うのは楽しいことです。
電話ではよく話をしているのですが、名古屋と三重という微妙に離れた距離のためなかなかお会いできません。
仕事もちゃんとやらないといけないのですが、そのあとのことしか今は頭にありません・・・。
でも、こういう人がいるってすごくうれしく、またありがたいことですよね。
明日は朝9時に栄で待ち合わせ。
明日といいながら、実はこのメッセージを書いているのは16日の午前3:40。
(ブログの日付をごまかしてます!)
本日なんですねぇ~。
さぁ、寝るか徹夜で別の仕事を始めるか・・・、それが問題だ。

Valentine's Day

今日はバレンタインデーなんですね~。
会社勤めならちょっとそわそわしてるかも、ですが、一人親方にはおおよそ関係ありません。
というよりも、すっかり忘れてました。
こんな僕でも、今日行った先のお客様にいくつかチョコレートをいただいたりしました。
チョコレートは普段そんなに食べない私ですが、それでもこの時期もらうチョコはうれしいものですね。
あ、もちろん義理チョコなんですが・・・。
おいしくいただきます。
ありがとうございました。

大企業業務の魅力

本日は、某大企業の事務所移転に伴うPCの移設と、環境変化に伴う設定変更のお仕事をしてきました。
お客様は大企業で、私の直接取引をしているお客さまではなく、いわゆる「下請け」業務。
なかなか100台以上のレベルの仕事を直接いただくのは大変だし、それを実行するのも独特の技術が必要ですからね~。
実際、普段私がやっている数台~数十台のPCを対象とした仕事では必要のないような技術の勉強ができます。
展開作業を短縮ための技術や、展開作業自体を管理する技術、トラブル発生時の対応技術など、まだまだ勉強すべきことはたくさんあるなぁ、と再確認した一日でした。

アナログ人

最近ちゃんと使い始めたmixi。
使い始めると何となく気になり始め、結構こまめにログインしたりしています。
友人にも紹介したりして、少しずつではありますがお仲間が増えてきています。

でも・・・、なんか招待する友人たちは僕よりもmixiを楽しんでいるというか・・・、とりあえず楽しそうなんですよね・・・。
いまいちのりきれていない僕は、どうやら時代に取り残されつつあるようです。
う~ん・・・、このままではダメだ、と思いながら、この数年間デジタル化していく世界にもまれてどんどん自分をアナログの世界へいざないたくなるもう一人の僕がいることも確かみたいです・・・。

陶芸とか面白そうだなx、と思うようになってきましたから、最近・・・。

楽しい一日

あぁ~、せっかく毎日ブログ更新してたのにぃ~。
昨日は力尽きて眠ってしまいました。
・・・反省。
まぁ、こんな日もありますよ。
自分にとっても甘い私です・・・。

気を取り直して・・・。

今日は朝から新規事業の企画をねりねり。
う~ん、面白いことになりそうだぞぉ。
結構いろんなアイデアが浮かんできます。
こういうのって、きっと波があるんでしょうね。
冴えてるときは結構いろいろ面白いアイデアが出てくるのですが、ダメなときはダメ。
今日はまさに冴えてるとき!
こういうときに考えなくてはと、せっせとスケッチブックに絵を描きます。
(私は何かを考えるのにスケッチブックを使ってます。人が見るとなんだかわからないと思いますが、僕にはとても使いやすく、またノートと違って自由にかけるので愛用しているわけです。)
するとお得意様からトラブルの電話。
う~ん、困ったな、と電話であれこれ対処法を話していたら・・・、解決しました。
いいねぇ。

またまた電話。
見慣れない番号だなぁ・・・、と思い電話に出てみると、以前ご紹介いただいて一度だけお会いしたことのある方でした。
今は別の会社にいるとの事。
そして、システム開発案件の打診をいただきました。

付き合いの深い方からの依頼ももちろんうれしいんですが、久しぶりに連絡をいただき、仕事の話ができる、っていうのはまた格別なものがあります。
早速要点をメモって、詳細をメールしてもらうことに。
今さらながら、いろいろな方々に助けられ、支えられているんだなぁ、と実感。

新規事業の企画に案件の打診がその他にも2件。
個人事業主をやっててよかったな、って思う一日でした。

組合が作りたい!

ご存知の方も多いと思いますが、コンピュータ業界はとても広ぅございます。
中には私たちが何でもできると思っていただいてなのか、まったく専門外のことをお願いされたりします。
私は電話屋でもなければ、FAXのリースもしてません。
でも、せっかく自分にその話をしてくださったお客様の期待にこたえたいじゃないですか。
だから、知人の伝手など一生懸命たどって電話屋を探したりするわけですよ。
これってきっと僕だけじゃないと思うんです。
電話やさんがネットワーク組んでほしい、とかシステム作ってほしいとかっていうお話を受けて、協力会社がなければ丁重にお断りしている、っていうことも多々あると思うんですね。
で、考えたんです。
そんな人たちがみんなで力を合わせれば、それでかなり広い範囲のサービスが提供できるようになるじゃない!って。
というわけで、組合が作りたい!!
そんな風に思うわけです。

先日話したmixiのコミュニティを立てちまいました。
その名も、「名古屋IT関連SOHO交流会(仮称)」!
アドレスはこちらです。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=619383
残念ながらmixiに登録していない方は見られません。
もしも一緒に組合を作ろう!って言ってくださる方、連絡ください。(要自己紹介。私の自己紹介は・・・いいですよね??)
mixi招待します。
今は起業してない人や学生さんでもいいですよ。
あくまで自分のペースで参加できるようにしますので。
でも、オフ会にはできるだけ参加してください。
当然のことですが、顔も見たことのない人と仕事をするほどの勇気はありませんので・・・。
mixi登録している人は、是非コミュニティに参加してください!
よろしくお願いしま~す。

狭き門

なんかこのカテゴリ「ざゆうのめい」が、ネタが特にないときの独り言になりつつあるのが気になりますが・・・、これも毎日続けるための努力、ということで自分の中ではOKです。

今日はちょっと趣向を変えて、新約聖書の中の言葉から。
(引用元が古い、と言う意味では変わっていませんが・・・。)

「狭き門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこから入って行く者が多い。命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見出すものが少ない。」
(マタイによる福音書 第7章13節~14節)

おそらくここからの引用だと思われるのですが、現在でも「狭き門」と言う言葉はよく使われます。
その場合、多くはいわゆる「難関」を示す言葉として使われていることが多いでしょう。
国家試験、難関校の受験などなどです。
でも、聖書の言う「狭き門」は、少しニュアンスが違うような気がします。
簡単に言えば、「多数派がいつも正しいわけではない」「本当に正しいことは、実は大多数の人が気づいていないところにある」というようなことではないかと考えています。
(すみません・・・私は学者ではないので、もし違ってたら教えてください。)
では、正しいかどうかをどう判断すればよいのか。
それは、周囲の意見も大切だが、それに安易に迎合するのではなく、対象となることの本質が何なのかを「考える」ことだと思います。
「友達がみんな持ってるからファミコン(今ならプレステかな?)ほしい」っていうのも、これに当てはまりそうですね。

少し前からよく言われる「ニッチ」っていうのはこの言葉のニュアンスに似ていますね。
周りの企業が気づかない、あるいは小さすぎて扱おうとしないような「スキマ」を積極的に攻めていく。
実際これで成功している企業はたくさんあります。

これだけ多種多様なサービスと、それを提供する企業が存在する現在、これから起業していこうと考えたらやはり「広き門」よりも「狭き門」を選ばなければならない。
これは疑う余地のないことではないでしょうか。

私は、大学時代にこの言葉を知りました。
それは、
狭き門/ジッド著
という作品を読んだときです。
知人に奨められて読んだこの本にとても感動し、中でも本のタイトルにもなっている「狭き門」という言葉に深く感銘を受けたわけです。

この作品は、お互いに愛し合っている男女、ジェロームとアリサのお話。
互いに愛し合う二人であるのに、アリサが自身の信仰のために2人が一緒になるという「広き門」ではなく、ただ信仰のために生きるという「狭き門」を選んだため、最後の最後まで愛し合いながらも一緒になることができない。
そしてアリサはジェロームのことを思いながらも、神へ続く道を歩む、というようなキリスト教色の強い作品だったと思います。(もう10年位前に読んだのでちょっと曖昧です。)
その頃一緒に読んでいた「若きウェルテルの悩み/ゲーテ著」とともに、若い私の心にとても響く作品だったことは今でもはっきりと覚えています。

美しい心を持っている自信のある方は、是非読んでみてください。
蛇足ですが、「若きウェルテルの悩み」が発売された当時、ヨーロッパで多数の自殺者が出たそうです。
(これをウェルテル効果というのだとか・・・。)

でわでわ。

陛下不能将兵、而善将将 ~ 適材適所を考える

またまた古の中国のお話。
後に漢を建国する「高祖」劉邦の配下には、韓信という名将がいました。
漢建国の陰には、間違いなく韓信の多大な活躍がありました。

ある時、劉邦は韓信に聞きました。
「私はどれくらいの兵を率いることができるであろうか?」
韓信は答えます。
「陛下が率いることのできる兵はせいぜい10万程度でしょう。」
劉邦は聞き返します。
「では君ならどうだ?」
韓信は答えます。
「臣多多益辦」(私は多ければ多いほどよいです。)
劉邦はそれを聞き、笑ってさらにこう言います。
「では、なぜ君は私の配下におさまっているのか?」
そこで韓信は答えます。
「陛下不能将兵、而善将将」(陛下は兵を率いる将にはなれませんが、将の将となることができるのです。)

韓信は当時の中国で5本の指に入る名将であったといわれています。
それに対して、劉邦はそれほど才能があるわけではなく、ただ人をひきつける魅力があったといわれています。

現実に劉邦は、有能な韓信を配下に置き漢を建国しました。
それに対し、当時劉邦と覇権を争った項羽は違いました。
項羽は稀代の豪傑で、まともに立ち向かうことができるものはいませんでした。
ですが、項羽は将を用いることが劉邦ほど優れておらず、最終的に劉邦に天下を譲ることになります。

ここに適材適所の考え方があります。

現代の企業を当時の中国に当てはめれば、いわば社長が劉邦でそれを支える右腕が韓信でしょう。
社長に求められている能力は、優秀な右腕たちを惹きつけ、上手に率いる能力であると考えられます。
優秀な右腕を備えた社長は、飛びぬけて優秀なワンマン社長よりも遥かに強い会社を作ることができる、とも言えるでしょう。

一般的に会社は幾重にもなる階層状に組織化されていて、それぞれの局面で求められる能力が異なります。
当然人には個性や性格等といった違いがあり、それぞれに向き不向きがあるのも当然のことです。
それを考慮せずに組織を作ることは、全員の疲弊や非効率にこそつながれど、決して強い組織へと成長することはありません。
最終的に勝利を得るのは、所属する人々が自分の能力を発揮しながら、その集合体として会社の利益を得ることを考え、さらに部下を率いるべきリーダーが要所を押さえている組織だといえるのではないしょうか。

皆さんの身の回りにも、社長は有能だがイマイチ成長しない会社や、逆にそれほど「やり手」とはいえない社長が、有能な社員に支えられて急成長している会社があったりするのではないでしょうか??
本来発揮できるはずの能力を発揮する場が与えられない。
こんなミスマッチを解消していくことによって、会社はもっと成長できるんだと思います。

昔のいわゆる戦乱の世であった中国では、敗北=死といっても過言ではない状況です。
そんな命がけの状況でこのような考え方が発達し、そういう意味では「今でも通用する」というのは、当時の人に言わせれば当たり前のことなのかもしれません。

恵方寿司

恵方寿司って・・・。
関西の方では古くからある風習のようですが、私の住む名古屋では、(少なくとも私の知る限りでは)昨年までありませんでした。
昨年の今頃、ラジオでチラッと聞いて、「関西の方ではそんなことするのか~」と思った記憶があります。
ところが今年はどうでしょう。
あたかも当たり前のことのようにいろいろなところで恵方寿司を売っています。
なぜ・・・?
コンビニで取り扱っているから、というのが大きな理由の一つでしょうが、いくらコンビニで売っても・・・、みんな知らなきゃ買わないでしょう・・・。
昨年まで大多数が知らなかったものをなぜ今年はみんな知っているのでしょう??
・・・謎です。
ヒット商品ってわからないなぁ・・・。
(ヒットしているのかはあまり知りませんが・・・。)

今日お客様のところで恵方寿司を2本もいただきました。
ちゃんと南南東を向いておいしくいただきました。
和田社長、ありがとうございました。

Smile

仕事の移動はほとんど自動車の私。
移動中はラジオを聴いていることも多く、そのおかげで曲のタイトルやアーティスト名はよくわからないが、曲は聴いたことある、ということもよくある話。
今日も何気なくZIP-FMを聴いていたんです。
どうやら今日は、一日JAZZの特集をしているらしい。
あまり詳しくはないが、一時期サックスを真剣に覚えようと思ったことがあるくらい、その方面の音楽は嫌いではない。
なかなか心地よい音色とともに、栄のお客様事務所へ移動していました。

ラジオによると、どうやら今日は栄にあるBlueNoteへ無料で入場できるとか。
しかも、ちゃんとライブもやってくれるらしい。
(ライブないとつらいですわな。)
ちょうどお客様の事務所がBlueNoteから徒歩で10分くらいのところだったので、ちょっとのぞいてみようかな、なんて思って行ってみたのですが・・・、多分100人くらい並んでました。

元来並ぶのが苦手な私。
しかも真冬の寒空の下、そもそもそんなことは想定していないのでコートもなく、普通にスーツ姿でいた私には、真冬の夜はあまりにも寒く、断念。
隣の本屋さんでちらちらと本を見て帰りました・・・。

ラジオに今日BlueNoteに出演するアーティストの方が出てて、「Smile」という曲を歌ってくれました。
この曲、僕がとっても好きな曲で、また久しぶりに聞いたのでうれしくなってしまい、今ブログを書きながら聴いてます。
確か原曲はチャップリンの「モダンタイムズ」で使われたチャップリン自身が作曲した曲なんですよね。
少し前にエルビスコステロがカバーして、一気に有名になりました。

この「Smile」という曲、あとでつけられた歌詞もとってもすばらしく、落ち込んだり嫌なことがあったりしたときは1曲リピートで聴いてます。
せっかくなので、歌詞をここでご紹介して、今日のブログは終わりたいと思います。
もちろん英語なので、和訳は自分なりに考えてみてください。

Smile
====================================================
Words by John Turner and Geoffrey Parsons.
Music by Charlie Chaplin.
====================================================
Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky, you'll get by
If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll see the sun come shining through for you

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near
That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile

That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile

アイデア

一人親方として日々いろいろ考えながら仕事をしています。
ただだらだらと仕事をしていても仕方がないので、自分なりにいろいろなアイデアやいわゆるビジネスモデルというようなものを考えたりもするのですが、そんなに簡単に素敵なアイデアが浮かぶようならきっともう私は一人親方ではなくなっているのでしょう・・・。

アイデア、っていうのは難しいですね。
やはり自分の得意分野であるコンピュータやweb、ITなどの分野で考えてしまうのですが、得意分野であることが逆に「面白い部分」を隠してしまう、っていうことがあります。
今日カタリストの松下社長といろいろ話していたのですが、その中でとっても素敵な「アイデア」が生まれました。
いや、正確に言うと「いただきました」。
というのも、そのアイデアをもともと考えたのは、確かにITに近い業界の方なのですが、厳密に言うとちょっと違う分野で活躍している方。
「こんなのがあるといいよね~」といういわば需要先行のアイデアでした。
私たちにしてみれば「そんな簡単なこと・・・」というような類いのことで、思いつきもしないようなことでした。

特にこの業界の技術者はその傾向が強いような気がするのですが、どうしても先に技術ありきになってしまうので、なかなか単純明快かつ実際に現場で求められているアイデアというのに気づかなかったりします。
「こんなことできる??」って聞かれて、「そんなの簡単じゃん」っていう、あれです。

そのアイデアを聞いたとき、ものすごい衝撃を受けました。
しかも、そのアイデアは成長させると私が別で考えていた別のアイデアも合流させることができます。
「まいった・・・。」
本当に、そんな感じです・・・。

「こういうものがあったら売れそうだなぁ~」っていう視点も大切かもしれませんが、やっぱり一番大切なのは、ユーザーが「こういうのがあったらな~」と感じているものを提供することだなぁ、と改めて感じました。
そういう意味でも、もっといろいろな声に耳を傾けていこうと思います。

このブログをご覧の皆様、もしも「こんなのがあったらなぁ~」なんていうものがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。
どんな細かいことでも、それはとっても大切なシーズ(種)ですから・・・。

今日はとっても素敵な日でした☆

PROFILE

服部真吾
  • Author:服部真吾
  • 名古屋で懸命に事業を大きくしようとしている一人親方の繁盛記。


  • RSS
  • 01 | 2006/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • まいまい(04/07)
  • iwa(04/07)
  • name-san(04/06)
  • pandmade(04/05)
  • shinki(04/03)
  • pandmade(04/03)
  • まいまい(04/03)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。