一人親方の繁盛記
ぱんどメイド代表服部真吾のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日の気になるニュース

マレーシア:6本足の子犬、幸運の使者と大歓迎
(ソース:MSN毎日インタラクティブ

クアラルンプールにある寺院で「6本足の子犬」が見つかったとか。
寺院の信徒たちは幸運の使者だとペットとしてその子犬を育てるそうで、犬好きな私はとてもほっとしました。
子犬の写真ものってます。
すごくかわいいんですが、やっぱり実際に見るとかなり驚くでしょう!
信徒たちの優しさに心から感謝するとともに、これからも大切に育ててあげてほしいな、と切に願ってます。
ちなみに、マレーシアには何度か行ったことがあるんですが、東南アジアが好きな私にとってマレーシアは大好きな国の一つです。
スポンサーサイト

たまには仕事の話を・・・

ひまわりの話がなぜか多いような気がするので・・・、たまにはお仕事のお話を・・・。

昨日あったお客様からの電話。

「電源を入れると"hal.dll"が壊れているか存在しないためwindowsを起動できない、と表示されてPCを起動できない。(要約)」

そのお客様はサーバの保守契約をしていただいているお客様で、1週間前にお伺いしてPCのハードディスクの容量がほとんど残ってないんです、なんて話をしていたところ。
1年半ほど前にワークステーション(パワフルなPC?)を組み立てさせていただいたこともあり、また1台ワークステーションを組もうか、なんてお話をしていたところでした。
CADで図面をかなり細かいところまで作成されることの多い仕事柄、「普通の」PCでは頻繁に固まってしまうんです。
ですから、昨年組んだワークステーションも、Xeonプロセッサを2個(デュアルプロセッサ、なんていいます)搭載し、メモリは2GB、10数万円するグラフィックカード、SCSIのハードディスクを2台、というとっても贅沢なコンピュータでした。
その甲斐もあり、図面作成はかなり快適にできるようになった模様。
PCの故障を機に、ワークステーションをもう1台増やそう、というお話です。

早速見積もりを作成したんですが・・・、やっぱりいろいろなものが安くなってますね~。
確か昨年は70万円以上パーツ代だけでかかっていたはずなんですが、今回見積を出してみると50数万円に。
いや、パソコン1台と思うともちろんとても高価なんですが、昨年に比べると20万円以上安くなっているんです。
もちろん無理に妥協して安価なパーツを使っているわけでなく、十分なスペックで、昨年のものよりも能力はかなり上回っているはずです。
お客様に提示すると、即答でOKを頂きました。
しかし、一つだけ要望が・・・。
それが、「水冷システム」の導入。

パソコンを構成する部品は電気で動作しているので、基本的に発熱します。
特に発熱量の多いCPUやマザーボード上のチップセット、グラフィックカードのチップセット(GPU)などは、ファン(簡単に言えば「扇風機?」)を「くっつけ」て、強制的に熱を逃がしてやっているんです。
最近のパーツは熱対策がされていて、ファンがいらない(ファンレス)ようなものもたくさんあります。
しかしながら、ある程度のスペックになるとやっぱりファンが必要なんですね。
そうなると、ファンの音が結構すごい。
確かに昨年納品したワークステーションはかなりの「騒音」で、それでも「性能重視だから仕方ないね」なんていってました。
そこで登場したのが「水冷式」。
自動車に搭載されているラジエーターと同じように、コンピュータの内部にチューブを配線し、そこに冷却水を循環させて各パーツを冷やすんです。

確かにそんなものがあることは認識していました。
でもこれまではなんとなく「マニアのためのもの」、というイメージがあり敬遠していたんですね。
でもお客様から要望があったからにはそんなわけにはいきません。
気分を入れ替えて水冷式の冷却システムについて調べていくと・・・、結構ややこしい!!
CPU1個なら、キットで販売されているものをそのままつければいいんですが、CPU2個なので、両方のCPUを冷やすように作らなければなりません。
ドイツのメーカーが多いようで、ホームページを見てもドイツ語、ドイツ語、ドイツ語!
フランス語専攻の私にはわかりません!!
(フランス語もまったくわかりませんが・・・。)
苦労しながらもなんとか仕組みは理解し、大体の構成はできました。
このワークステーション、作る様子をこのブログでレポートしようかな、って思ってます。
前から一度やってみようと思ってたんだけど、なかなかできなかったんですよね~。
もしかして興味のある方は、乞うご期待。

ちなみに、最初の方で出てきたhal.dllのエラー。
これは、ほとんどの場合がboot.iniファイルの記述がおかしいときに起こるようです。
(参考)winFAQ
起動時に ntoskrnl.exe や hal.dll が見つからないと言われます

早速エラーが起きているマシンをwinXPのCD-ROMから起動して回復コンソールを立ち上げ、調べようと思ったら・・・、固まってます。
その最中にも「ガリガリ」といや~な音を立てているコンピュータを見ると、おそらくハードディスクがご臨終なのでしょう。
このお客様は今年の始めごろファイルサーバを入れさせていただいているので、重要なデータはすべてサーバ上でこのコンピュータには入っていない、とのこと。
安心してハードディスクを交換し、再セットアップしてお返しし、ワークステーションが出来上がったらまた別の方がこのPCを使われます。
ハードディスクだけはずいぶん前から使っているものですが、それ以外のパーツはほとんど交換して今でも十分使えるレベル。
少なくとも私のメインマシンよりはハイスペックなんです!
大切にしてあげてくださいね。
たまには仕事の話も・・・いいかなぁ??

便利な携帯

とっても便利に進化しすぎているのではないかと思われるほど進化を続ける携帯電話。
次世代のITを支える「情報端末」である(というよりも既になりつつある、といった方がよいかな)のは間違いありません。
そこで問題となってくるのが「通話料」と「通信料」。
私、昔携帯電話屋で働いていたことがあるんですが、なんせ現Vodafoneがまだ東海デジタルホンだった時代なものですから・・・、ドコモがショートメールを始めたころで、その時はここまで進化するとは想像もしていませんでした・・・。
「着うた?」「着ボイス?」「何それ?」って感じです。
携帯のメールもどうも苦手で、指が太いせいかあの小さなボタンをこまごま押すのが面倒、というか使いにくい、というか・・・。
結局携帯メールはほとんど使っていません。
でも、仕事で使っているメールはメールサーバに届いた段階で携帯電話に転送されるようになってます。
やっぱり届いたメールはすぐにチェックしたいですからね。
そうするとわずらわしいのが仕事と関係のない広告メールやいわゆるSPAMなど。
ホームページにメールアドレスを載せている以上仕方ないのかもしれませんが、大量の不要なメールの受信料を支払っているわけです。
以前はメールマガジンなども携帯に転送させていたのですが、そういったものは別アドレスに振り分けて転送されないようにしました。
月にどれくらいの金額をSPAM受信に支払っているのかわかりませんが、メールをすぐに読みたい、っていうことを考えると我慢しなければならないのかな・・・。
私の場合はせいぜい数百円程度でしょうから。
(一時どなたか高名な方がNTTDoCoMoにクレームをつけたことありましたよね?かの有名なDoCoMoの立派なビルはSPAMのおかげで建った、なんて皮肉を聞いたこともあります・・・。)

通話料については、WILLCOM(旧DDIポケット)からWILLCOM同士なら通話料無料、というPHSが発売されました。
お客様とのサポートやら打ち合わせやらで結構携帯の料金も馬鹿にならない業種なので、お客様にもWILLCOMPHSを契約していただき、私とのホットラインにしていただく、ということも考えています。
そうすれば、私から電話しても無料になりますし、お客様からどれだけ問い合わせをいただいても通話料無料ですからね。
このプランを知ったときはWILLCOMの代理店になりたいと真剣にWEB上の情報を探し回りましたが、そう簡単になれるものではないだろうとあきらめました。
もし代理店になる方法をご存知の方がいらっしゃったら、是非教えてください。
お客様に「日本全国どこでも内線」を提案していくつもりなので・・・。
もっと広がればいいのになぁ~。
そうすれば電話=通話料無料の時代になるのに・・・。

ひまわり畑II

先日お伝えしたひまわり畑の写真をアップします。

1.土地全体で300坪!植え応えありました。
sunflower1.jpg

2.作業風景。前日は大雨だったのに当日はとてもいい天気でした。
sunflower2.jpg

3.植えた「苗」。こんな小さいのに、2mくらいの高さになるとか。
sunflower3.jpg


そして・・・、

1週間半後の苗の写真です。
sunflower4.jpg


がんばって育ってくれ~!

オープンソース

私も一応ITに関するプロなもんですから・・・、日経BP社の発行している「IT Pro-News」というメールマガジンをとったりしています。
そこで、こんな記事を見かけました。

-------------------------
▼国内初のオープンソースCRMとFAQ管理システム,
ネットワーク応用通信研究所が無償公開
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20050607/162211/
-------------------------

(IT Pro-News 2005.06.07より引用)

オープンソースとは、言わずもがなソースが公開されたソフトウェアで、平たく言えば「無料で使える!」ソフトです。
早速サイトを覘いてみると、確かにCRM(CustomerRelationshipManagement:顧客管理)と顧客からのFAQを管理するシステムでした。
う~ん・・・、これは使えそうだ!
動作環境はどうやらMONTSUQI(その昔「panda」というコードネームだったようです)、RubyApachePostgreSQLの動作するUNIX系(linuxやBSDなど)のサーバにインストール・設定しておけば、クライアントからはブラウザを使って操作できるとのこと。
もちろん必要なソフトもすべてオープンソース。
つまり、ソフトウェアの代金は不要、ってことです。
なかなか面白そうじゃないですか~。
今はちょっと時間的に余裕がないので無理ですが、もう少し落ち着いたらうちのサーバにも入れてみよう。
良さそうなものだったらまたレポートしてみます。

Laborプロジェクト
http://www.labor-project.com/

私たちが日常的に使っているインターネット上でも、たくさんのオープンソースが使われています。
「タダだから良くない」は間違いで、たくさんのユーザによって修正を重ねられてとてもすばらしいソフトウェアになっているものも多いです。
これからもどんどん成長していく分野ですね。

ひまわり畑

もう一昨日になりますが・・・、300坪の土地にひまわりをたくさん植えてきました!
これは、大変お世話になっている社長さんから持ちかけられた話なのですが、300坪の空けてある畑にひまわりをたくさん植えて土を肥やしたい、で、せっかくだから何かイベントはできないかな?という相談をその社長さんが受けたそうです。
で、それならひまわりで迷路を作ろう、ただの迷路ではつまらないので、その畑の東にある道路が2mくらい高いところを走っているのを利用して道路から見たら何か文字に見えるようにしよう、ということで始まったこのプロジェクト。
前日に雨が降っていたので心配していたのですが、当日は快晴となり、社長さんの会社の従業員や友人の皆様、私の友人総勢20人弱くらいと近所の小学生や校長先生までもが参加してくださって、300坪の畑いっぱいにひまわりを植えてきました。
問題の「文字」は、実は私が設計したのですが今はまだ秘密です。
もし花が咲いて、実際に想定していたように見えたら発表します!
すごく楽しみな反面、もしもちゃんと想定していたように見えなかったらがんばって植えてくれた皆さんの努力を無駄にしてしまうような気がして、かなりドキドキです。
でも実際咲いてみないとわからないですからね!
植える前の写真を明日あたりアップしようかと思ってます。

午前中でひまわり植えを終わらせ、午後からはバーベキューパーティ!
私は指示をする役立ったので、「何番植えてくださ~い!」と叫び続けていただけで実際植える作業はあまりできませんでした。
だから「労働のあとはごはんがうまいね~」なんていうと実際作業をしていた皆様に怒られてしまいそうですが、それでもバーベキューは最高においしかったです。
社長さんにこの話を相談した農家のおじ様が取れたてのサニーレタスやらたまねぎやらを持ってきてくださいました。
いや~、やっぱり野菜は新鮮が一番ですね。
私が普段口にするスーパーで買ってくるようなものとは明らかに味が違い、またとっても「肉厚」な野菜をいただきながら、かなり素朴ですが最高の幸せを感じてしまいました。
皆様本当におつかれさまでした!
結果が楽しみですね!(約90日で花が咲くそうです)
いや~、仕事に一途な方から見るともしかしたら「バカバカしい」と思われてしまうかもしれませんが・・・、こういうことをいつまでも楽しめる自分でいたいな、と思いました。
今年もしうまくいったら・・・、必ず来年もやります!
いや、やらせてください!
毎年恒例の行事にしたいですね~。
(もしも参加したい方がいたら、是非ご連絡ください。
結構楽しいですよ!素敵な知り合いも増えますし。)
ゴルフをやらない私も、社長さんにお誘いいただいて始める決心をしました。
今度「モリゾーカップ」開催予定!
・・・ピッチングしか打てないですがよろしいですか??

Yさん、I社長ならびに参加者の皆様、本当にありがとうございました。

PROFILE

服部真吾
  • Author:服部真吾
  • 名古屋で懸命に事業を大きくしようとしている一人親方の繁盛記。


  • RSS
  • 05 | 2005/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • まいまい(04/07)
  • iwa(04/07)
  • name-san(04/06)
  • pandmade(04/05)
  • shinki(04/03)
  • pandmade(04/03)
  • まいまい(04/03)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。