一人親方の繁盛記
ぱんどメイド代表服部真吾のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

パソコン整備士

実は私・・・、「パソコン整備士」という資格の二級を持ってます。
そのことを今日、久しぶりに思い出しました。
というのも、パソコン整備士の資格を通じて出会った方に、今日久しぶりにお会いできたのです。

今日はお昼からお客様の事務所にてサーバの設定変更と動作確認をし、困っていらっしゃったご担当の方に「豆知識」を披露、なんとなく感謝いただけたのではないかと気分良く事務所をあとにしました。
その後、先月から約束してあった久しぶりの再開です。

場所はマクドナルド
最近食生活が不安定なせいか特に何か食べたいわけでもなかったので、コーラを片手に3時間くらいいろいろな話をしていました。
その方は、コンピュータのエンジニアの肩書きを持ちながらもその裏では農業をしている、という、今までお会いしたたくさんの「変わった方」達の中でもまた異色な方でした。
トマトにとっても思い入れがあるようで、一応は仕事の話でアポをとらせていただいたのですが、トマトの話から始まり農業のこと、自動車のこと、カート(ゴーカートの本格的なやつです。100km/h出るゴーカート、って想像できます?)のこと、パソコン整備士のこと、50年後の世界のことなど、まったく仕事とは関係ない話が95%くらい、でしょうか・・・。
でもまぁ、これでいいんですよ。
仕事をするには、お互いのことを少しでも理解していた方が良いし、そのために必要な時間は惜しんじゃだめですよね。

私が独立してもう3年が経過しました。
その中で学んだもっとも大きなこと。
それは、友達もビジネス上のお客様やパートナーも、根本は人間同士のつながりで成り立っている、ということ。
人を大切にできないと何も始まりません。

H様
本日はありがとうございました。
今度は私がラグビーやってたころのお話、させていただきますね。
スポンサーサイト

ITとメディアの融合?

少し前、ちょっとだけ話題になりましたよね・・・、
「ITとマルチメディアの融合」。
少し前に知って時々訪れるサイトがあります。

パソコンテレビ「GyaO」
http://www.gyao.jp/

USENが運営する「インターネットテレビ」です。
映画や音楽など、さまざまなジャンルの「番組」を、インターネットを通じて「放送」するこのサイト。
まだまだ決して十分とはいえませんが、これからのコンテンツの充実が期待されます。
今は私の好きな「Queen」のライブを放送していましたので、早速見ています・・・。
他にも、いろいろありますが、モーニング娘。のライブなんかもあります。
(ついついファーストライブを少し見てしまいましたが、あのころの「初々しさ」といいますか・・・、今とはまったく違い、成長と成功をとても感じてしまいました。)

私が思うテレビとIT(特にインターネット)融合のメリット。
それは、双方向性ではなく、ストリーミング性、というかアーカイブ性、というか・・・。
つまり、「見たいときに見たい番組が見れる」ことだと思います。
どうしても時間に縛られることの多い現代人は、もちろん事前にビデオ(今はDVDかな?)に録画しておけば、好きなときに放送を見ることができますが、実際は放送される日を忘れてしまったり、もしかしたら放送されることすら知らなかったり・・・、と結局見れないケースが多いんですよね。
私なんかは、お笑いがとても好きで、名古屋ではあまりお目にかかれない「大木こだまひびき」師匠が大好きです。
結構チェックしたりはしてるんですが、大抵「え?出てたの?」という感じで放送が終わってしまってから出演してたことを知るんですよね・・・。
インターネット放送にすれば、
1.番組表が時間別ではなくカテゴリ別になるので、見たい番組を探しやすい。情報量も新聞のテレビ欄より遥かに多いので、「他」の部分もちゃんと知ることができる。
2.時間に制約されず、いつでも見たい番組を見られる。録画の必要もタイマーをセットする必要もない。見逃す、ということ自体なくなる。
3.報道番組など、過去の報道もアーカイブとして見られる。過去の気になるニュースもいつでも見られるし、現在のマスコミでありがちな「熱しやすく冷めやすい」報道も「ある程度」避けられるかな?
なんて利点がパっと考えただけで浮かんできます。
もちろんCMを入れてもいいと思うんです。
実際「GyaO」にもCMは入るし、見ている間中画面の上部にもバナー広告が出ています。
「視聴者参加型」っていうのも利点はあると思うんですが、私はそこにはあまり魅力を感じないんですよね。
「生放送の魅力」よりも「いつでも情報が手に入る」魅力の方が情報を伝えるメディアとしてのテレビには向いているのではないか、と。
もちろんいろいろな問題もあるのでしょうが、そんなテレビの姿が現実になるのもそれほど遠くない未来のような気がします・・・。

時間の使い方

今日は朝から岐阜でおしごと。
思わぬトラブルで仕事が長引き、結局終わったのは15時過ぎ!
(10時過ぎくらいには終わるつもりだったのですが・・・。)
ま、そんなこともありますよ、実際。
夜打ち合わせの約束を入れていたのですが、明日の仕事のために受け取らなければならないものがあったことを思い出し急遽人に会う。
その方にもとてもお世話になっていて、いろいろ相談したいこともあり、是非今度時間を空けてくださいね、なんて言っていたのですが、スミマセン・・・、今日は僕の時間がないんです・・・。
明日の打ち合わせを軽くすませ、夜の打ち合わせに。
なかなか興味深いお話ができました。

よく考えると・・・、今日の食事は4時くらいに岐阜からの帰りに食べた横綱ラーメンのみ。
そんな中途半端な時間に食べたものだから、夜になっても腹が減らず、結局何も食べていません。
(あ、今になって空腹感が・・・、危険すぎる!)

昔誰かと話をしてたときに、
「忙しくて時間がない」は言い訳だ。忙しいんじゃなくてただ時間の使い方を知らないだけだ。
というような話を聞いたことがあります。
まったくだな~、と今さらながら思い出しました。
世で成功者といわれている人って、とても忙しい中でもちゃ~んと自分の時間を作ってるんですよね。
逆に、時間を上手に使えない人は、本当に忙しそうだけど、意外と成功とは程遠いポジションにいたりする。
世の中そんなものですね。
ん?
じゃ、時間の上手な使い方を身につけることは成功への近道??
それとも、成功への必須条件、と言った方がいいかな?

人間は考える葦である

今日は定期メンテ契約をいただいている行政書士の先生のところへお伺いしました。
先日導入させていただいたlinuxサーバは順調に稼動しており、特に問題もない様子。
今後の課題についてあれこれ打ち合わせをしながら、方針が決定してまいりました。

その先生とはもうずいぶん長いお付き合いをさせていただいておりまして、とてもごひいきにしていただいており感謝しております。
本日は、メンテの話以外の話題に花が咲いてしまい、長々とお邪魔してしまいました。

「モチはモチ屋」などといいますが、やはり専門職にいらっしゃる方の情報はただただ感心するばかりです。
そこで、ある事柄(まだ秘密です!)について、先生の経験や知識と私の技術や知識を活かして、新たなビジネスチャンスが見出せないか、というわけで、現在その「事柄」についての調査を進めています。
先生にもご協力いただけそうなので、とても心強い限りです。

正式なアナウンスができるよう、がんばって進めてまいります。
現在の仕事ももちろん好きですし、やりがいも感じていますが、新たなビジネスのことを考えるのも胸が躍ります。
それが、お客様としてお付き合いが始まった方とともにビジネスの道を切り拓いていける、となれば、喜びも一層強くなる、というものです。
考える葦である私たちは、考えることによって生きがいを感じる生き物なんだな、と少なくとも私についてはそのように理解しております。

サーバが火を噴いた!?

私の仕事は、パソコンサポート。
メモリ増設からシステム開発までいろいろやってます。

大変お世話になっているお客様の事務所にあったPCにRAIDカードを増設してファイルサーバとして使い始めたのが、もう2年ほど前でしょうか・・・?
昨夜システム変更のためにせっせと仕事をする私のもとへ、23時くらいだったでしょうか・・・、そのお客様から電話がありました。
どうやらファイルサーバの電源が「ボン」という軽い「爆発音」とともに突然落ちてしまい、もうつかなくなってしまった、とのこと。
パソコンにとって突然落ちる電源ほど嫌なものはありません。
しかも、ファイルサーバということはお客様の重要なデータをまとめて保管してある、とっても大切なサーバ。
お客様も、データがちゃんと復旧できるかをとても心配していらっしゃいました。
しかしながら、その時は別件で作業中。
緊急度がかなり高いとはいえ、そのまま「放って」行くわけにもいきません。
大至急終わらせるので、しばらく待機していてください、とお伝えし、せっせと作業に取り組む。
結局終わったのは、翌2時前・・・。
恐る恐る担当の方に電話をし、これから向かうことを伝え車を走らせました。
現場についてみると、ちょっと「こわばった」表情でご担当者様が迎えてくださり、早速復旧作業開始。
windows2000Proで動いていた簡易サーバーだったので、データが格納されているハードディスクを別の同OSで動作しているPCの「スレーブ」に接続し、電源を立ち上げる。
・・・まずい・・・。
マスター」に接続されている今まで正常に動いたハードディスクすら認識しない・・・。
当然windowsも立ち上がりません。
その時点で大量の冷や汗と顔から血の気が引いていくのをうっすらと感じ始めました。
ダウンしたときの状況から考えると、電源ユニットの故障が一番怪しい。
それがハードディスクの故障を引き起こす、というのはあまりにもよく聞くお話。
軽いめまいと極度の腹痛を感じながらも、持ち前の楽観主義で、「あ、もうひとつハードディスクあるじゃん!」
と自分を励ます。
そう、ミラーリング、と呼ばれるRAID-1構成にしてあったので、データを格納しているハードディスクはもう1台あるんです。
(このサーバは、システム用のハードディスク1台+データ用のハードディスク2台という構成になっており、データ用のハードディスクへの書き込みは同じデータを2台のハードディスクへ同時に書き込むようになってたんです。ズバリ、ハードディスクの一方が壊れてももう一方から復旧できるように!)
というわけで、もう1台のハードディスクを故障したPCから引っ張り出し、再度別PCに接続。
恐る恐る電源をつける。
思わず祈るような気持ちで目をつぶる私。
しばらくして目を開くと・・・、windowsが起動中ではないですか!
助かった!
そう思ったのもつかの間。
起動が完了し、マイコンピュータを開くと・・・、データのドライブが認識されていない!
もうパニック寸前で、言葉も出ません。
いや、待てよ・・・。
思い立って管理ツールから「ディスクの管理」を開く。
これは、物理的につながっているドライブを管理するためのもので、もしかしたらここには何らかの形で認識しているかも・・・、と思ったんです。
すると・・・、ありました!
警告マークとともに、先ほど接続したデータのドライブがあったんです!
喜びの反面、警告マークにたじろぐ私・・・。
見ると、「異形式」とあります。
もしや・・・と思い、このドライブを「形式の異なるディスクのインポート」してみると・・・、復活~!
データも消失しておらず、全データの復旧に成功しました。
もう一方のハードディスクは完全に故障してしまっていたことを考えると、二重化しておいてよかった・・・、と思う一方で、最近よく話題になるSPoF(SinglePointOfFailure:構成するたった一つの部品が故障することによってシステム全体が使えなくなってしまうこと)を体で感じ、自分の甘さを痛感しました。
実際お客様にサーバの導入をするといってもそこには予算があるわけで、その予算内でいかによいものを作るか、というのが私たちの仕事なわけです。
少なくとも、こういった危険性についてこれまで以上に強く、積極的にお伝えするのも私たちの大切な仕事だな、と痛感しました。
終了時間4:30。
合計ダウンタイム約5時間半。
とりあえず別のPC上にバックアップを作成し、帰宅しました。
発生したのが夜中だったからよかったようなものの、これが昼間の忙しい時間に発生したら・・・!
思わず身震いする私でした。
今後そのお客様には再度サーバ構築の話をさせていただく(実はそろそろサーバを何とかしましょう、という話をしてたところなんです)のですが、今回「学習」したことをちゃんと活かしたたご提案を心がけようと思います。
本当に、復旧できたからこうやって書けるんですよね~。
良くはないが・・・、よかったよかった・・・。
遅くまで待機していてくださったH様。
本当にありがとうございました。

なお、用語のリンクは
IT用語辞典 e-Words 様 (http://e-words.jp/
PC View 様 (http://www.pc-view.net/)
サイトのコンテンツをお借りしています。

広告の成果

これまであまり広告とか出したことなかったんですが、一大決心をして一昨日付けで新聞広告を出したんです。
(5月10日が「名東(May10)の日」で特集があったんです。)

早速、広告の効果があってか今朝電話がかかってきました!
ところが・・・、

電話の相手「コーコクシャの○○と申しますが、先日お約束させていただいておりました広告の原稿が出来上がってまいりましたので、ご確認をお願いしたいのですが・・・。」

私は最初、その名東の日特集で出した広告のことだと思っていた(他に広告なんて頼んでませんから)のですが、広告が出た後で原稿の確認、て・・・、そりゃないだろ、と思いながらも、一応聞いてみました。

私「もう出た広告の原稿を確認してどうするんですか?」
相手「えっっ!?・・・」

しばらくの沈黙のあと、

相手「ぱんどメイドさんですよね??先月の末ごろ、○○○○新聞(聞いたこともないような「なんちゃらスポーツ新聞」とかいう名前でもう覚えていません)に今月28日付で広告を掲載させていただける、ってお約束させていただいたと思うんですが・・・。」
私「え?全然知りません。そもそも、おたく様はどなた様ですか?」
相手「あ、失礼いたしました、コーコクシャの○○と申します。」
私「私はそんな話聞いたことないですし、大体誰と約束したとおっしゃっているんですか?うちは私一人でやってますから、私以外の人と約束、って言うのはありえないですよ?私と約束したとおっしゃるんですか?」
相手「ええ、そうだと思いますが・・・。」
私「私はそんな約束してませんし、大体その広告を載せる新聞の名前もはじめて聞きましたし、おたくと話をするのも初めてです。もちろん広告の件なんてまったく知りません。」
相手「あ・・・、左様ですか・・・、ではもう一度調べてご連絡させていただきます・・・。」

というような流れで電話を切りました。
何なんでしょうか、まったく。
新手の詐欺なのかな・・・?
広告出した会社に「広告出しませんか?」って来る営業マンなら聞いたことありますが、「原稿の確認お願いします」って・・・、唐突過ぎないか!?
朝一でその電話がかかって以降、とりあえずその業者(なのか?)からは電話がありません。
間違いだということに気づいたのでしょうか?
いや、間違いにしては怪しすぎる・・・。

今回の件はそれほどたいしたことないのですが、最近こんな詐欺が流行ってます。
くれぐれも気をつけましょう。

祝!ブログ開設

ホームページのリニューアルも終わり、一段落したところで今度はブログに挑戦してみます。
旧サイトで日記があったにもかかわらずほとんど更新できずじまいだったので・・・、今度こそ真剣に更新していきます。

【本ブログのイントロダクション】

運営者は「ぱんどメイド」代表服部真吾です。
(参考)ぱんどメイドホームページ
パソコン関連のサポート業務をメインにしている個人事業主、私の、あるときはメモ帳代わり、あるときは日記代わり、そしてあるときは広告メディアとして、本ブログを運営していきます。
仕事とはまったく関係ないネタについてもどんどん公開していきますので、よろしく!

PROFILE

服部真吾
  • Author:服部真吾
  • 名古屋で懸命に事業を大きくしようとしている一人親方の繁盛記。


  • RSS
  • 04 | 2005/05 | 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • まいまい(04/07)
  • iwa(04/07)
  • name-san(04/06)
  • pandmade(04/05)
  • shinki(04/03)
  • pandmade(04/03)
  • まいまい(04/03)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。